契約前に考えよう!賃貸契約の最終確認事項3選

原状回復義務の確認をしよう

賃貸契約をするときには契約書にサインする前にトラブルの元になりやすい部分を再確認しておきましょう。賃貸物件からの退去の際にトラブルになりやすいのが原状回復義務であり、重要事項説明を見てどのような形で原状回復を行うように定められているかを確認しておくことが大切です。内容として不当な部分がないかをチェックするだけでなく、希望があったら予め伝えておくようにすると改善してから契約を結べる可能性があります。

家賃に無理はないかは要チェック

退去のことを考えることも大切ですが、日常的なトラブルにも対処しておくことが大切です。自分が起こしてしまうリスクがあるのが家賃の滞納であり、本当に払っていける家賃なのかを再度チェックしておきましょう。正しく家賃を納めることは信頼関係を保つ上で重要なことです。給料の手取りから差し引いて生活費が十分かを考えてみることが重要になります。金額的に問題がないことが確認できたら、納入方法も合わせて確認して、他の方法の方が良いという場合には交渉しておくと良いでしょう。

トラブル時の対処方法を確認

賃貸物件を借りて生活をしているとトラブルはつきものです。水漏れが起こったり、もともとある備品が故障してしまったりする場合はよくあります。そのようなトラブル時の対処方法についても確認を怠ってはなりません。基本的には管理会社への連絡となりますが、その連絡の仕方や営業時間についてチェックしておきましょう。時間外の緊急の対応が欲しいときにどうしたら良いかも聞いておくと、夜間の水漏れなどで困ったときにすぐに対応できるようになります。

札幌の賃貸の契約方法を確認するうえで、有力な不動産会社の人気のある物件の良しあしを比較することがポイントです。