家は買うより借りる?賃貸物件のメリットについて

賃貸のメリットは引っ越しのしやすさ

賃貸のメリットは引っ越しのしやすさにあります。転勤に合わせて職場近くに引っ越すとか、家族が増えたから広い家に引っ越すとか、環境の変化に合わせて動きやすいんですよね。それと収入が減った時に安い物件に引っ越すこともできます。また、賃貸はいざとなったら実家に戻れますしね。持ち家の場合はどうしても引っ越しするのが難しくなります。新しい家を購入してそこに引っ越すとしたら莫大なお金がかかります。家を売っても購入時により価格は下がるので、売却費用だけで新居を買うのは難しいです。

管理費・固定資産税がかからない

賃貸物件のメリットは修繕費・固定資産税がかからないことです。賃貸物件の場合、物件の劣化・災害による損壊の修繕費用は基本的に貸主負担です。このような修繕費用は家賃、あるいは毎月に管理費に含まれています。家の管理は地味に面倒でお金もかかるので、こうした作業をやらなくて良いのは楽ですよね。また持ち家にかかる固定資産税も負担しなくて済みます。固定資産税は年間10万円、高額な物件なら数十万円と意外と高額なんですよね。

賃貸は初期費用が少ない

賃貸物件は初期費用が少ないこともメリットの1つですよね。もちろん敷金や礼金、引越し代はかかりますが、家の購入に比べれば圧倒的に安いですよね。マイホームの購入にある程度の頭金が必要で、500~1000万円ぐらいの頭金を支払うことも珍しくありません。数百万円を支払える人は中々いませんよね。持ち家を購入したいなら、計画的にお金を貯める必要がありそうです。お金を貯めるのが苦手な人は初期費用が少ない賃貸の方が良いでしょうね。

旭川市の賃貸マンションは、賃貸なので引越しが行う際も楽ですし、好きなときに引っ越すことが可能になっています。