マンションの売却は査定価格重視で進めましょう

まずは売却価格の査定

マンションの売却を検討している方は何を重視するのでしょうか。売却価格だと思います。とにかく高く売りたいという事であれば住みながら売却活動をしていくのが一番効果が高いでしょう。とにかく早く売却したいという事になると不動産仲介業者に買ってもらう事になり、本来売れるであろう価格よりも安い金額となってしまいます。私も実際におこなった方法ですが、インターネットからマンション売却査定で検索すると便利なサイトがたくさん出てきます。

査定価格には大きな開きがある

不動産という高価な売り物なので、査定金額はどこの会社もさほど変わらないだろうという考えの方は多いと思います。私もその一人でした。実際に8社程に査定をしてもらったんですが、査定価格の大きな差に驚きました。一番高いところが3950万円、一番安いところは3100万円。850万円もの開きがあったのです。多くの不動産屋さんは3600~3900の間にありましたが、非常に安いところもありますので、1社、2社と話して契約してしまうのは辞めた方がいいですね。

売値は売主が自由に決められる

マンション売却の売値は不動産仲介業者が決めるのではなく、売主が決めてよいものです。自分のマンションの周辺物件の価格を調べて、それらの平均値よりも少し高いくらいから売却活動をスタートするのがよいでしょう。相場価格よりも明らかに高すぎる場合は仲介業者から指導がある場合もあるでしょうが、最初は強気で大丈夫。運よく急ぎでエリアをピンポイントで絞っている買主がいれば、高めで成約ということもあり得ます。時間に猶予がある人は少しでも高く売れるように準備をしましょう。

マンションの売却を行う際には、信頼できる仲介業者を選ぶことがポイントで、よりスムーズな売却を目指せます。