賃貸物件を借りるときに利用する家賃保証会社

連帯保証人の代わりになってくれる

賃貸物件を借りる際には、以前は連帯保証人をたてることが必須でした。でも人口減少で空き室が増えてきて、連帯保証人を用意できない借り手をすべて断っていられる時代ではなくなったんでしょうね。現在は家賃保証会社を利用するのが一般的となっています。親や親族に頼めば連帯保証人になってはもらえるけど、頼みたくないって人は結構いると思うんですよ。だからこうした時代の変化は良いことでしょう。主体性を持って生きられるってことですからね。

家賃保証会社の利用料

家賃保証会社の利用料金って、そう高いものでもないですよ。親や親族に頼むより、こちらのほうがずっといい、って思われがちな料金です。だいたい家賃の1か月分ってところが多いです。それを賃貸契約時に支払って、あとは契約更新時にその都度支払うだけです。初回より安くなっていることがほとんどみたいです。家賃を滞りなく支払っている人、ということで、初回支払額より安くなるのでしょう。契約更新料よりずっと安いわけですから、リーズナブルな料金とも言えるでしょう。

クレジットカード払いでさらに安く

大手不動産仲介会社の数社では、家賃をクレジットカード払いにする人向けに、家賃保証会社の利用料金を格安に設定しています。クレジットカード会社の審査も通過しているってことで、安くできるんでしょうね。家賃保証会社の利用料金が半額以下になるケースもありますよ。家賃保証会社って、できてまだ歴史が浅いですけど、うまく軌道に乗って、こうしたシステムが長く続くといいですね。できたら、旨味のあるビジネスということになって、競争が激化して、保証料がもっと下がるといいですけどね。

江別市の賃貸マンションに住んでいれば、地価の変動により、資産価値に影響が及んでしまう不安や心配を感じることもありません。