注文住宅の土地選びに関わってくる法律三点!

注文住宅の土地探しでは建築基準法を意識!

注文住宅を建てるためには、必ず土地が必要ですよね。しかし、土地に建物を建てるには、なにかと法的な制限があります。その知識を身につけると、注文住宅の建築に失敗がありません。気をつけたいのが建築基準法です。建物を建てる際の基本となる法律であり、注文住宅建築にも深くかかわります。建築基準法では、建ぺい率や容積率などの制限が設けられています。大きな注文住宅を建てるなら、建ぺい率などの制限を想定して広い土地の確保が必要でしょう。

都市計画を確認!注文住宅にふさわしい土地探し

注文住宅用の土地探しで意識したいのが、都市計画法です。土地を手に入れれば、自由に住宅が建てられるわけではありません。都市計画法により、住宅用地に制限が加えられている場合があります。建てられる建物の種類や高さなどが、都市計画法に関わります。一方で、都市計画法により、工場や遊戯施設などの建物が制限されているエリアは静かな住宅環境があるため、注文住宅を建てるのにはふさわしいですね。注文住宅用の土地探しで、都市計画の事前確認は忘れないようにしましょう。

条例には注意!地域独自の建築制限もあり

地方公共団体が制定する条例も、注文住宅の土地選びでは関わる要素です。条例は、各自治体が独自に定めるものであり、該当エリア外では適用されません。自治体では、街並みを守るために高さ制限などを設けている地域もあります。高い階層の注文住宅を建てるつもりであれば、高さ制限の条例が定められているエリアは、土地探しから外したほうがいいかもしれませんね。各地域の独自の条例について、注文住宅の土地探しではチェックが必要です。

注文住宅ならば、自分のこだわりを実現することができます。素材や価格はもちろん、理想的なデザインの住宅にすることが可能ですから、満足度はとても高くなります。